テクノロジー

myFC の燃料電池テクノロジー

バッテリーのタイプによって燃料電池の組み立て方もさまざまです。非常に高い電力を生成できるものもありますが、実際には定量用だったり、乗り物や船に取り付けられたりしています。多くの設計部分で直面する課題は非常に高温になり、時には 1,000 °C 以上になることです。内部温度を低くすることが安全に使用していただく絶対条件です。そこで myFC は、携帯用アプリケーションに最適なプロトン交換膜(PEM)というテクノロジーを採用しています。これは、現在の自動車産業で水素自動車のベースとなるソリューションのタイプでもあるため、myFC は、自動車産業で行われている膜の容量、品質やコスト削減に関する開発から利益を得ているという訳です。myFC は、ストレスの多いクローズドエンドな基本設計とは対照的に、特許取得済みの「オープンエンドな設計」のおかげでストレスの少ない仕事ができています。 

その結果、myFC 製品はクローズドエンドな燃料電池よりも著しく寿命が長く、安定した構造になっています。 

弊社では、平らなセグメントの電池構造を設計しています。その理由の一つとして、表面が平らになれば酸素吸収能力が最大限に引き出せることにより、より大きな面積で余熱を分散することができるからです。また一方で、私たちは

極めて重要な平らな形状という部分も考慮しながら、スマートフォンやタブレットなどの携帯型電子機器に組み込むテクノロジーの開発を目指して日々努力しています。電池で化学反応を起こすには水素が必要です。そこで技術的に大きな課題となるのが、この非常に小さな型の中で、温度差に関係なく制御しながら水素の均等な流れを作り出すことです。myFC の燃料カードでは、カード内で特別に配合された塩と普通の水分子が反応して水素が作り出されます。燃料電池は水蒸気を作り出します。燃料により水素ガスとカード内で保たれる程度の副生成物が作り出され、水素と一緒にきれいな水蒸気も作り出されます。燃料カードはすべての部分がリサイクル可能です。myFC が化学水素化物テクノロジーを選択したのは 2008 年であり、利用できる最善のタンク テクノロジーを試験した時のことです。最終消費者に対する費用を比較して、ターゲット グループで有用性に関する無作為なサンプル テストを実施し、生産コストを評価しました。そして、水と塩の反応成分が混ざり合うことで酸化処理が行われるテクノロジーを選びました。この処理では、水中の酸素とさまざまな塩(または組織化イオン)が結合するため、純粋な水素を放出します。JAQ の処理は、ナトリウムと金属の成分を使用して水素を作り出します。myFC はこのテクノロジーに関して世界有数の企業です。弊社の燃料カードで特に注目すべきは、市場で競合しているソリューションの製品よりも重量が非常に軽いところです。

特許

燃料電池および燃料電池テクノロジーに対する一般的な関心は引き続き世界中で高まっています。ですから、イノベーションとテクノロジーの両方を保護して、外部世界の状況を細かく観察することが myFC のビジネスに極めて重要なことです。私たちは、特許ポートフォリオを広げて弊社のテクノロジーと技術的優位を確保しています。2018 9 月現在、登録済みや保留中を含め 90 以上の特許が保持し、21 のパテント ファミリーに分けることができます。 

最も重要な特許の例:

  • センサー電池。特許では燃料内の水素の流れを制御する myFC 独自の方法を説明しています。
  • このテクノロジーでは、その環境内で温度差に関係なく制御しながらエネルギーを作り出すことが極めて重要です。
  • 統合生産。特許では費用効率が高く大量の燃料電池を製造できるレーザースポット溶接の方法を説明しています。
  • 高寿命。特許では電池寿命が短くなる問題の解決策を説明しています。
  • 改良設計については試験で検証済みです。
  • 2000 時間以上リチウムイオン電池の 300 サイクルほどに相当稼働しても顕著な劣化が見られませんでした。
menulogo_no_taglogo_jplogo_cnlogo_cn_smalllogo_cn_newjaqdownload